2004年9月号(No.109)  


●毎月21日発売
●定価1,000円(税込)
RMM最新号からの写真 RM MODELS109号(2004年9月号=7月21日発売号)の特集は、『憧れを我が手に!』です。「カッコイイ、欲しい、作りたい」をテーマに各スケールの車輌作品を一挙公開いたします。今年3月に開業した九州新幹線800系つばめを、ペーパーで製作した「紙で作ったつばめ(Nゲージ)」、実車の形態にトコトンこだわった「みどりの4・8・5 <きりしま>製作記(Nゲージ)」、天賞堂のプラHO製品をベースに改造を行ない執念の16輌フル編成を実現した「500系にぞっこん」、同じく天賞堂のプラ16番製品、C62蒸気機関車をベースに手際よいディテールアップを施した「潮風に吹かれて…」と、渾身の力作を紹介。また、これらの作品は巻頭グラフ「感動のカタチ」でも美しい大判イメージカットで紹介しておりますので、読者の皆様の製作意欲をより一層かきたてることでしょう。その他にも、マイクロエース製パシナの考証に正確を期した「パシナに想う(Nゲージ)」、静岡鉄道デワ1をプラ板から自作した「電動貨車の電動模型を作った話(Nゲージ)」、183系改造でリゾートエクスプレス<ゆう>をモノにした「苦節3年、YOUは出来た!(Nゲージ)」、京王電鉄の動物園線6722Fをタトゥーシールで再現した「TAMA ZOO TRAINを作る(Nゲージ)」、マイクロエース製D51 906号機からD51 499号機を作った「お手軽加工で変型デゴイチを…(Nゲージ)」など、魅力的な車輌作品の数々をお楽しみいただけます。


★まだまだあります「今月の見どころ」

第10回 JNMAフェスティバルREPORT
今年で記念すべき10回目を迎えたNゲージャーの祭典、JNMAフェスティバル。今回も早朝から行列ができる賑わいとなりました。Nゲージャーの熱い1日をレポートします。

第3回 鉄道模型フェスタ in 亀山 レポート
去る6月6日に三重県は亀山文化会館中央コミュニティーセンターで開催された、レイルジョイン主催の公開運転会「鉄道模型フェスタ in 亀山」。当日はあいにくの雨模様にもかかわらず、親子連れを中心に会場は終日超満員。路面モジュールを含め、盛況だった当日の様子をレポートします。

『夏の庫』北海道の運炭鉄道、短い夏のひと時
本誌でもお馴染み西村慶明氏が制作した、北海道にある運炭鉄道の短い夏のひと時を巧みに表現した機関庫のセクション(16番)。ギラギラした太陽を浴びながら黙々と給水、給炭作業が行なわれている夏の庫へ、あの日の懐かしい鉄道風景を見つけに来て下さい。

路モジ傑作選 深川市交通局17番系統 ●PART1
昭和戦前の東京のイメージが色濃く反映された路モジ作品を紹介。息をのむような観察力で、その時代の空気がそのまま伝わるようなこの作品…。とにかく本誌をご覧下さい!

★今月の表紙は、「憧れを我が手に…作品の数々」です。




■RM MODELS トップページへ■

今月のみどころ 今月の目次