2004年5月号(No.105)  


●毎月21日発売
●特別定価1,200円(税込)
●別冊付録:RMM SPECIAL SHOPGUIDE 2004
RMM最新号からの写真 RM MODELS105号(2004年5月号=3月19日発売号)の特集は、蒸気機関車誕生200周年記念特集の第2弾『モデルの王者蒸気機関車PART2/蒸機を作る!』と題し、Nゲージのハイレベル作品を中心にお届けします。
「D52が好きだ」は、関西地区から北海道に転籍し蒸機終焉期まで活躍した末期のD52 56号機をプロトタイプとし、各部パーツはもとより、煙室内まで作り込んだスーパーディテール作品を徹底紹介。我が国最大最強の蒸機D52に魅せられ、D52の写真集まで刊行した作者の同機に対する熱い想いが見事に投影された素晴らしい作品です。「あなたの9600 わたしの9600」では、著名モデラー吉村 紅氏が主催した競作作品20点を一挙大掲載。いずれも大手3社の完成品をベースに特定ナンバー化されており、細部の作り分け、塗装、動力の加工など見どころたっぷり。「川根路に吹く南国の風」では、大井川鐵道で動態保存機として活躍中のC11 190、C12 208の両機を峻烈にモデル化した2作品をご紹介しております。さらに、実車資料として、今回特集に登場した各形式各機番の実車写真も収録。


★まだまだあります「今月の見どころ」

片野正巳の吊掛讃歌
連載26回目となる今回は、「時代に翻弄された追憶の高速電車」と題し、時代に先駆けた高速運転で我が国電車史に燦然と輝く金字塔を打ち立てたモヨ100形を始めとする、阪和鉄道の代表的車輌の1/87スケール(一部N)の精密イラスト各種を収録。丸みを帯びた特異な窓形状で知られるモタ3000形など国鉄編入後、昭和40年代前半まで活躍を続けた各形式が誌上に鮮やかに甦っております。

ニュルンベルク・トイ・メッセ2004 PART1
毎年2月上旬に開催された国際玩具見本市“インターナショナル・トイ・フェア”(通称ニュルンベルク・トイ・メッセ)で発表された欧州鉄道模型メーカー各社の最新製品動向を例年どこよりも詳しくお伝えする本稿。本年の第1回目となる今回は、ロコ、リマ&リバロッシ、フライシュマン、ヘリス、ハグなどプラ製品を中心にリリースするメーカー各社の新製品情報をお伝えします。

日本急行の車輌たち
旧国ベースのフリーランス競作作品集(16番)。本企画が特にユニークなのは、各氏が設定したフリー鉄道会社や、それぞれが製作する車輌を「日本急行電鉄グループ」と命名した架空鉄道連合に属するものとし、全作品の車体塗色を統一した他、幾つかの約束事を設けている点。さらに、各氏はいずれも複数の車輌を製作しており、それぞれの設定の細かさも相まって、ユニーク且つ魅力的な記事に仕上がっております。

Eurobahn Nun 2004
最新の欧州鉄道情報と、彼の地の鉄道模型事情をお届けするコーナーとして、昨年大好評であった本連載。今春の筆者新規取材情報を基に、よりパワーアップして帰ってきました。再開第1弾となる今回は、「スイスの鉄道と鉄道模型事情(その1)」と題し、ICN、IC2000の増備で様相を一変させつつあるチューリッヒ駅の情景、並びに日本で入手可能なスイス型製品のリストを掲載しております。

★今月の表紙は、「D52最晩年の頃。長万部機関区にて束の間の休息」です。


RM MODELS 100号付録アンケート当選者発表
月刊RM MODELS95号(2003年7月号)にて募集いたしました「100号付録キット希望車種アンケート」には、非常に多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。アンケート結果を基にキットの車種を決めさせていただいた経緯は誌面にてお伝えした通りです。そして厳正な抽選の結果、下記20名の皆様が副賞である該当付録付きのRMM100号(2003年12月号)に当選なさいました。本年10月21日の発売日前後にはお手元に届くよう手配致しますので、楽しみにお待ち下さい。
なお、当初当選者の発表はRMM99号(2003年11月号)にて行なう予定でしたが、誌面の都合によりこのような発表形態となったことをご了承ください。また、当選者各位にはあらためてハガキにて事前に当選をお知らせいたします。

東京都練馬区
愛知県安城市
札幌市白石区
京都市伏見区
東京都足立区
岡山県岡山市
北海道旭川市
石川県金沢市
東京都江戸川区
神奈川県横須賀市
平山哲雄
恵田貴紀
石坂 俊
木村 収
西山 淳
岡田宗之
青沼正也
山本宏之
外処隆夫
渡辺 隆
東京都板橋区
大阪市港区
神戸市灘区
静岡県浜松市
高知県香美郡
群馬県館林市
宮崎県宮崎郡
東京都目黒区
大阪市平野区
群馬県前橋市
古川瑞樹
笠井 智
川崎康隆
守屋伸彦
嘉藤敬佑
清水真司
吉田達郎
中澤一浩
門出誠司
樋下田努
(順不同・敬称略)



■RM MODELS トップページへ■

今月のみどころ 今月の目次