RM MODELS

INDEX

今月のRMモデルズ

RMModels

特集

おいしさ凝縮 短編成!

鉄道模型発売ニュース

鉄道模型イベント情報

STOP PRESS!

RMMスタップ徒然ブログ

バックナンバー

NEW MODEL INDEX

鉄道模型製作記事

鉄道ホームページリンク

 

広告出稿のご案内

鉄道模型製作記事
C5752を作る!第2回
鉄道模型製作記事TOP > C5752を作る!第2回 その1
ホビダスで「鉄道模型」を探す







  前号に続いて先台車各部をご紹介。右上は下から見たところ。底面のこの梁はC55・C57に多く見られる形状とのこと。本体の取付はアームを介して動輪押え板に段付ネジで止める。



  ドームは加減弁テコを埋め込むための切り欠きとカバー(t0.1洋白)を取り付け。ボルトの頭はφ0.3洋白線、吊り金具はエコー製パーツを利用。砂撒き管元栓はサンゴのロストパーツ。
  自作パーツ2点。左は二子三方コックのキャブ内に付くパーツ。右はスピードメーター。いずれも、真鍮の板、厚板、線材から丹念に製作している。
  ボイラーの公式側、複式コンプレッサーの取付座が付く部分を欠き取った状態。この後、裏側から板を当て、0.4mm奥へ凹ませる(写真8参照)。
  この時点でボイラーはシリンダーブロックのみで支えられていて水平を保っている。キャブの後梁はまだ付けていない。こうすることで後梁の高さが出しやすくなる。
  キャブ後梁(エンドビーム)。洋白t0.4から切り出し。リベットはφ0.3洋白線を使用する。
  キャブ後梁を取り付けたキャブ。すでに床板は加工の上、装着されている。灰箱ロッド支えはt0.3燐青銅板から切り出した。
ホビダスで「鉄道模型」を探す
ページ先頭へNext