RM MODELS

INDEX

今月のRMモデルズ

RMModels

特集

東西の環状線を愉しむ
大阪環状線vs山手線

鉄道模型発売ニュース

鉄道模型イベント情報

STOP PRESS!

RMMスタップ徒然ブログ

バックナンバー

NEW MODEL INDEX

鉄道模型製作記事

鉄道ホームページリンク

 

広告出稿のご案内

鉄道模型製作記事
C5752を作る!第1回
鉄道模型製作記事TOP > C5752を作る!第1回 その2
ホビダスで「鉄道模型」を探す
  主台枠から外して単体で見た灰箱下部。ロッドが取り外し式であることが分かる。ちなみにロッドには燐青銅線を用いている。
  16番用のシリンダーブロック妻板(上)と洋白板から自作した13mm用との比較。幅(13mmでは31mm)や断面形状が大きく異なる。
  自作のシリンダーケーシング(側板)。0.3mm厚真鍮板から切り出し、φ0.3の穴開けを行なった状態。下の点検蓋は0.1mm厚燐青銅板から切り出したもの。



  ボルト頭表現を仕上げる前のシリンダーブロック。ボルトにはφ0.3洋白線を植え、各パーツを取り付けた仕上げ前の姿。まるでオイラン車のようだ。









  仕上げ後のシリンダーブロックを各方向より見る。ボルト頭はφ0.3線を線径の半分の0.15mmくらいまで削って仕上げてある。ケーシングのヒンジはφ0.2の燐青銅線。長さ約0.8mmにカットした線はとうてい「パーツ」とは思えない。バルブカバーはニワのロストパーツ(発売当初のもので肌が美しい)。シリンダーカバーはベースは挽物、尻棒受、ピストンガイドはニワのロスト、安全弁は金岡のロスト、スライドバー基部はニワのロストをパーツから切り取って使用。空気弁はエコーの外貼りロストパーツ。
ホビダスで「鉄道模型」を探す
ページ先頭へBackNext